むち打ち損傷の逸失利益とは。交通事故による後遺障害(後遺症)の無料相談は松浦法務事務所(大阪市・尼崎市)へ。


むち打ちとは

  • むち打ち(むちうち)とは
  • むち打ちと低髄圧液症候群
  • むち打ちの神経学的所見
  • むち打ちの通院期間
  • むち打ちの受診時の注意事項

後遺障害、後遺症、むち打ち(むちうち)

  • むち打ち(むちうち)と後遺障害(後遺症)
  • むち打ちの通院・後遺症診断書ポイント
  • 交通事故後遺症(むち打ち)に関するよくあるQ&A

交通事故、損害賠償、示談金額、むち打ち(むちうち)

  • 交通事故、むち打ち、慰謝料の算定基準
  • 交通事故、むち打ち、慰謝料増額の仕組み
  • 交通事故、むち打ち、休業損害
  • 交通事故、むち打ち、逸失利益

交通事故、むち打ち、行政書士、専門家

  • 交通事故における行政書士の役割
  • 交通事故、むち打ち、ご依頼費用
  • 交通事故、むち打ち、後遺障害(後遺症)、示談事例
  • 交通事故、むち打ち、お客様の声
まずは電話で無料相談。交通事故、むち打ち、この不安、話したら楽になった!


交通事故、むち打ち、慰謝料の妥当性を実績10年の行政性書士が無料判断


交通事故、むち打ち、後遺障害等級認定の可能性を無料判断。今すぐ等級認定に関する相談を無料で

むち打ち損傷の逸失利益



   保険担当者は教えてくれない交通事故、むち打ち被害者の慰謝料増額の仕組み


   交通事故、むち打ち、後遺障害の相談は全国対応しています


逸失利益とは

逸失利益(いっしつりえき)とは、本来得られるべきであるにも拘らず、 不法行為や債務不履行などで得られなかった利益を指します。
得られていたはずの利益が交通事故によって得られなかった場合に当てはまります。


むち打ち損傷の場合の逸失利益算定の考え方

 むち打ち損傷による神経症状が後遺障害として認定された場合、 逸失利益の算定期間制限される傾向にあります。

 むち打ち損傷の場合の逸失利益の算定期間は、青い本赤い本大阪地裁基準ともに、 後遺障害14級9号の場合、逸失期間は3年から5年以下に(画像の異常所見により逸失利益5年にかたよるようです)、 後遺障害12級13号の場合は逸失期間5年から10年程度を目安にしています。

あくまで目安ですので現実に交通事故訴訟となれば、個々の事案により、逸失期間はより短期、 あるいはより長期に認定される可能性もありえます。


逸失利益のトップに戻る>>


次回9月3日(日)・午後2時~4時頃




メールによる交通事故、むち打ち相談実施中


適正な慰謝料を受け取るためには、後遺症認定が重要です。是非ご相談ください。交通事故110番 コラム更新中!Allabout 交通事故トラブル、過失相談、後遺症、示談交渉、慰謝料請求など無料メール相談 yahoo知恵袋 yahoo知恵袋公認の交通事故専門家です! 交通事故・事務所の日常などを随時更新中!スタッフブログ

逸失利益のトップに戻る>>