交通事故における示談事例集。交通事故による後遺障害(後遺症)の無料相談は松浦法務事務所(大阪市・神戸市)へ。


むち打ちとは

  • むち打ち(むちうち)とは
  • むち打ちと低髄圧液症候群
  • むち打ちの神経学的所見
  • むち打ちの通院期間
  • むち打ちの受診時の注意事項

後遺障害、後遺症、むち打ち(むちうち)

  • むち打ち(むちうち)と後遺障害(後遺症)
  • むち打ちの通院・後遺症診断書ポイント
  • 交通事故後遺症(むち打ち)に関するよくあるQ&A

交通事故、損害賠償、示談金額、むち打ち(むちうち)

  • 交通事故、むち打ち、慰謝料の算定基準
  • 交通事故、むち打ち、慰謝料増額の仕組み
  • 交通事故、むち打ち、休業損害
  • 交通事故、むち打ち、逸失利益

交通事故、むち打ち、行政書士、専門家

  • 交通事故における行政書士の役割
  • 交通事故、むち打ち、ご依頼費用
  • 交通事故、むち打ち、後遺障害(後遺症)、示談事例
  • 交通事故、むち打ち、お客様の声
まずは電話で無料相談。交通事故、むち打ちこの不安、話したら楽になった!


交通事故、むち打ち、慰謝料の妥当性を実績10年の行政性書士が無料判断


交通事故、むち打ち、後遺障害等級認定の可能性を無料判断。今すぐ等級認定に関する相談を無料で

後遺障害/異議申立申請による等級認定に関する示談事例一覧


交通事故 むち打ちに関する示談事例一覧


物損・全損に関する示談事例一覧


物損事故・過失割合変更に関する示談事例一覧




   保険担当者は教えてくれない交通事故、むち打ち被害者、慰謝料増額の仕組み

示談とは

 示談とは、裁判などを通さずに当事者間での話し合いによる解決の為の手段の1つです。
一般的な示談の内容としては、交通事故を起こした人が怪我をした人に対して怪我の程度にあわせて損害賠償金として一定の金額を支払い、怪我を負った人もそれ以上の賠償請求をしない旨の取り決めをすることです。
ですので、原則的には一度示談が成立すると怪我を負った人はそれ以上の賠償金を請求する事はできません。 何故なら、示談・和解契約というのは、起こった争いを解決し、将来それをぶり返さない為のものだからです。


示談事例のトップに戻る>>


後遺障害/異議申立申請による等級認定の事例

30代前半、女性、KM様、自転車(被害者)と軽自動車との衝突事故


概要
右肩関節の疼痛が、後遺障害非該当となった。過失割合(軽自動車)80対20(自転車)。
保険会社提示金額(相手側) 提示金額¥906,300-
後遺症申請したが 非該当 

事務所対応
後遺障害非該当で受任。
異議申立を行い、後遺障害14級の認定を獲得。その後、保険会社からは¥1,656,300-と後遺症慰謝料75万円のみを上乗せした金額を提示してきた。
コレに対し、ご依頼主に合った基準で慰謝料を算出し、示談書を作成した。

当事務所提示金額 希望示談金額¥3,223,717-

結果
最終示談金¥2,408,053-
慰謝料 266%UP
後遺障害異議申し立てによる14級認定


クリックすると拡大します 後遺障害等級認定 結果用紙
非該当 非該当別紙 14級に認定

示談事例のトップに戻る>>


20代後半、男性、大阪府泉大津市在住NM様、追突事故

概要
ご本人で後遺症申請するも 非該当 
事務所対応
後遺障害非該当より受任。
異議申立を行い、後遺障害14級の認定を獲得。
結果
後遺障害異議申立による14級認定

クリックすると拡大します 後遺障害等級認定 結果用紙
非該当 非該当別紙 14級に認定

示談事例のトップに戻る>>


40代後半、男性、大阪府大阪市在住NT様、右直事故(直進側)

概要
ご本人で後遺症申請するも 非該当 
事務所対応
後遺障害非該当より受任。
異議申立を行い、後遺障害14級の認定を獲得。
結果
後遺障害異議申立による14級認定

クリックすると拡大します 後遺障害等級認定 結果用紙
非該当 14級に認定

トップに戻る>>


20代後半、男性、兵庫県西宮市在住YM様、追突事故

概要
後遺症申請 
事務所対応
後遺症申請より受任。
異議申立により後遺障害14級の認定を獲得。
結果
後遺障害異議申立による14級認定

クリックすると拡大します 後遺障害等級認定 結果用紙
非該当 非該当別紙1 非該当別紙2 14級に認定

示談事例のトップに戻る>>


20代後半、男性、大阪府寝屋川市在住TK様、衝突事故

概要
後遺症申請するも 非該当 
事務所対応
後遺症非該当より受任。
異議申立により後遺障害14級の認定を獲得。
結果
後遺障害異議申立による14級認定

クリックすると拡大します 後遺障害等級認定 結果用紙
14級に認定

示談事例のトップに戻る>>


30代半ば、女性、兵庫県尼崎市在住KA様、自転車(被害者)と自動車の衝突事故

概要
後遺症申請するも 非該当 
事務所対応
後遺症申請より受任。
後遺障害14級の認定を獲得。
結果
後遺症申請による14級認定

クリックすると拡大します 後遺障害等級認定 結果用紙
14級に認定

示談事例のトップに戻る>>


60代前半、男性、大阪府大阪市在住HN様、車との接触事故

概要
後遺症申請するも 非該当 
事務所対応
後遺症申請より受任。
後遺障害14級の認定を獲得。
結果
後遺症申請による14級認定


クリックすると拡大します 後遺障害等級認定 結果用紙
14級に認定

示談事例のトップに戻る>>


30代前半、女性、大阪府大阪市在住EM様、自転車(被害者)と車との衝突事故

概要
後遺症申請するも 非該当 
事務所対応
後遺症申請より受任。
後遺障害14級の認定を獲得。
結果
後遺症申請による14級認定

クリックすると拡大します 後遺障害等級認定 結果用紙
14級に認定

示談事例のトップに戻る>>


40代後半、男性、兵庫県川西市在住TK様、追突事故

概要
後遺症申請で14級獲得 
事務所対応
後遺症申請より受任。
後遺障害14級の認定を獲得。
結果
後遺症申請による14級認定

クリックすると拡大します 後遺障害等級認定 結果用紙
14級に認定 別紙

示談事例のトップに戻る>>


40代後半、男性、兵庫県川西市在住TK様、追突事故

概要
後遺症申請で14級獲得 
事務所対応
後遺症申請より受任。
後遺障害14級の認定を獲得。
結果
後遺症申請による14級認定

クリックすると拡大します 後遺障害等級認定 結果用紙
14級に認定 別紙

示談事例のトップに戻る>>


10代前半、女性、兵庫県神戸市在住KT様、自転車(被害者)と自動車の衝突事故

概要
後遺症申請するも 非該当
事務所対応
後遺症申請より受任。
異議申立により後遺障害14級の認定を獲得。
結果
後遺障害異議申立による14級認定

クリックすると拡大します 後遺障害等級認定 結果用紙
非該当 非該当別紙 14級に認定

示談事例のトップに戻る>>


傷害・むち打ちの事例

20代半ば、男性、無職、側面衝突(原付)

概要
税理士試験の直前であった為(無職)、休業損害と予備校の授業料が損害となるかが争点となった
保険会社提示金額(相手側) 提示金額¥691,560-

事務所対応
休業損害は平均賃金で算出し、予備校の授業料は慰謝料が増額されるよう示談書を作成。

当事務所提示金額 希望示談金額¥2,360,010-

結果
最終示談金¥1,611,525-
慰謝料 233%UP
※休業損害は平均賃金の80%、予備校の授業料は慰謝料の増額として考慮された。 後遺症申請が遅すぎた為、後遺症がとれなかった事例。

示談事例のトップに戻る>>


30代半ば、男性、自営業、追突事故(主婦同乗)

概要
損保会社は当初、自賠責保険基準で算出
保険会社提示金額(相手側) 提示金額¥711,400-(自営業者)/\890,700-(主婦)

事務所対応
ご依頼主に合った基準で慰謝料を算出し、示談書を作成した。
当事務所提示金額 希望示談金額¥3,276,590-(自営業者) /¥2,659,906-(主婦)

結果
慰謝料 自営業者 184%/主婦 148%UP
※金額が小さいので一回の示談金変更で希望金額となった。

示談事例のトップに戻る>>


20代後半、男性、公務員、追突事故

概要
損保会社は当初、自賠責保険基準で算出
保険会社提示金額(相手側) 提示金額¥226,400‐

事務所対応
算出基準や相談者に合った基準で慰謝料を算出し、示談書を作成した。
当事務所提示金額 希望示談金額¥¥389,980-

結果
慰謝料 172%UP
※金額が小さいので一回の示談金変更で希望金額となった。

示談事例のトップに戻る>>


物損・全損の事例

追突事故(過失なし)

概要
保険会社提示金額(相手側) 提示金額¥130,000-

事務所対応
全損による購入費用等を考慮した示談書を作成。

当事務所提示金額 希望示談金額¥286,500-

結果
最終示談金¥230,000-
慰謝料 176%UP
※こちらの主張どおり、全損による購入費用等が考慮された。

示談事例のトップに戻る>>


駐車車両接触事故の事例 

概要
保険会社提示金額(相手側) 提示金額¥80,000-

事務所対応
全損による購入費用等を考慮した示談書を作成。

当事務所提示金額 希望示談金額¥¥220,000-

結果
最終示談金¥160,000-
慰謝料 200%UP
※こちらの主張どおり、全損による購入費用等が考慮された。

示談事例のトップに戻る>>


物損・過失割合の争い事例

30代後半、男性、KK様、過失割合(100:0→0:100)に変更、慰謝料が500万円UP 

概要
当初相手方(保険会社の嘱託弁護士)は、停車車両に被害者車両が追突してきたため過失割合は100:0だと主張。 保険会社提示金額(相手側) 提示金額¥0-

事務所対応
依頼者が停車中に加害者が後退し、衝突されたことを証明。過失割合100:0に変更を主張。
後遺症申請を行い、後遺障害14級の認定を獲得。
当事務所提示金額 希望示談金額¥6,893,440-

結果
最終示談金¥4,900,380-
慰謝料 500万円UP
※依頼者が停車中に加害者が後退し、衝突されたことを証明。過失割合を100:0から0:100に変更。後遺症の14級認定。

クリックすると拡大します 後遺障害等級認定 結果用紙
14級に認定

示談事例のトップに戻る>>


停車中車両接触事故、過失割合(50:50→0:100)に変更 

概要
保険会社提示金額(相手側) 提示金額¥80,000-

事務所対応
依頼者の車両が停止していたことを証明し、過失割合100:0に変更を主張。

当事務所提示金額 希望示談金額¥227,262‐

結果
最終示談金¥210,000-
慰謝料 262%UP
※依頼者の車両が停止していたことを証明。過失割合を50:50から0:100に変更。

示談事例のトップに戻る>>


交通事故対応における当事務所の役割

上記の示談事例はほんの一例です。
希望通りの納得のいく示談には「根気よく積み重ねていく事が必要です。」
後遺障害の申請は原則、交通事故受傷後6ヶ月経過後となりますが、 後遺障害の認定の判断には通院回数や主治医のカルテへの記載内容などが重要な要件になります。
そのため、交通事故当初から適切な処置をしておかないと取り返しのつかない事態 になる場合も良くあります。 例えば交通事故後6ヶ月で後遺障害作成の事例では、交通事故当初必要な画像所見が無く、6ヶ月経過後(当事務所受任後)に 取得した画像所見を添付して後遺障害(異議申立て)の申請行っても、因果関係自体を否定される場合もございます。
また、後遺障害非該当で異議申立ての申請では医師が後遺障害診断書の変更などをとても嫌います。
ですので交通事故当初から相談をされていれば必ず後遺障害の等級認定が可能であった後遺症でも 不本意な結果に終わってしまう事も少なくありません。

当事務所は初回交通事故無料相談を行っておりますので、行き詰まってからではなく できるだけ迅速に対処することをお勧めします。

示談事例のトップに戻る>>


次回7月3日(日)・午後2時~4時頃




交通事故、むち打ち、後遺障害の相談は全国対応しています



主に下記の地域を中心にご依頼いただいていますが、その他の青森や埼玉など遠方にお住まいの方も、お気軽にお問い合わせやご依頼いただいてます。
兵庫県 神戸市(北区,須磨区,垂水区,中央区,長田区,灘区,西区,東灘区,兵庫区),明石市,芦屋市,尼崎市,伊丹市,小野市,川西市,加古川市,篠山市,三田市,高砂市,宝塚市,丹波市,西宮市,姫路市,三木市,猪名川町,稲美町,播磨町
大阪府 大阪市(旭区,阿倍野区,生野区,此花区,城東区,住之江区,住吉区,大正区,中央区,鶴見区,天王寺区,浪速区,西区,西成区,西淀川区,東住吉区,東成区,東淀川区,平野区,福島区,港区,都島区,淀川区),池田市,茨木市,交野市,門真市,堺市,四条畷市,吹田市,摂津市,大東市,高槻市,豊中市,寝屋川市,東大阪市,枚方市,松原市,箕面市,守口市,八尾市,島本町,豊能町,八尾市
京都府 京都市(右京区,上京区,北区,左京区,下京区,中京区,西京区,東山区,伏見区,南区,山科区),宇治市,京田辺市,城陽市,向日市,長岡京市,八幡市,大山崎町,久御山町

示談事例のトップに戻る>>




メールによる交通事故、むち打ち相談実施中


適正な慰謝料を受け取るためには、後遺症認定が重要です。是非ご相談ください。交通事故110番 コラム更新中!Allabout 交通事故トラブル、過失相談、後遺症、示談交渉、慰謝料請求など無料メール相談 yahoo知恵袋 yahoo知恵袋公認の交通事故専門家です! 交通事故・事務所の日常などを随時更新中!スタッフブログ

示談事例のトップに戻る>>