むち打ちと後遺症 交通事故による後遺障害(後遺症)の無料相談は、松浦法務事務所(大阪市・神戸市)へ。


むち打ちとは

  • むち打ち(むちうち)とは
  • むち打ちと低髄圧液症候群
  • むち打ちの神経学的所見
  • むち打ちの通院期間
  • むち打ちの受診時の注意事項

後遺障害、後遺症、むち打ち(むちうち)

  • むち打ち(むちうち)と後遺障害(後遺症)
  • むち打ちの通院・後遺症診断書ポイント
  • 交通事故後遺症(むち打ち)に関するよくあるQ&A

交通事故、損害賠償、示談金額、むち打ち(むちうち)

  • 交通事故、むち打ち、慰謝料の算定基準
  • 交通事故、むち打ち、慰謝料増額の仕組み
  • 交通事故、むち打ち、休業損害
  • 交通事故、むち打ち、逸失利益

交通事故、むち打ち、行政書士、専門家

  • 交通事故における行政書士の役割
  • 交通事故、むち打ち、ご依頼費用
  • 交通事故、むち打ち、後遺障害(後遺症)、示談事例
  • 交通事故、むち打ち、お客様の声
まずは電話で無料相談。交通事故、むち打ち、この不安、話したら楽になった!


交通事故、むち打ち、慰謝料の妥当性を実績10年の行政性書士が無料判断


交通事故、むち打ち、後遺障害等級認定の可能性を無料判断。今すぐ等級認定に関する相談を無料で

むち打ち(むちうち)と後遺障害(後遺症)

むち打ちにおける、自賠責保険の後遺障害等級の認定については、後遺障害非該当、 後遺障害14級9号、後遺障害12級13号の適応となることが多いようです。

後遺障害12級13号の認定がされる場合は、神経症状の存在が「他覚的に証明され、 神経学的所見からも証明可能」な場合です。
例えばX-P、CT、MRI等の検査により、自覚症状の原因が証明され、ジャクソンテスト、スパーリングテスト、 反射検査、知覚テストなどの検査から神経学的所見に異常所見が証明できた場合があげられます。

後遺障害14級9号が認定される場合は、後遺症の症状が「医学的に説明可能な場合」、 証明するまでには至らなくても、被害者の訴える症状の発生が医学的に説明できる場合が該当します。
そのいずれも証明できない場合は後遺障害非該当になります。




メールによる交通事故、むち打ち相談実施中

次回9月3日(日)・午後2時~4時頃