<

むち打ち(頚椎捻挫・腰椎捻挫)ヘルニアの無料相談は、 交通事故専門尼崎市事務所(大阪市・神戸市)


むち打ちとは

  • むち打ち(むちうち)とは
  • むち打ちと低髄圧液症候群
  • むち打ちの神経学的所見
  • むち打ちの通院期間
  • むち打ちの受診時の注意事項

後遺障害、後遺症、むち打ち(むちうち)

  • むち打ちと後遺症
  • むち打ちの通院・後遺症診断書のポイント
  • 交通事故の後遺症(むち打ち)に関するよくあるQ&A

交通事故、むち打ち、損害賠償、示談金額

  • 交通事故、むち打ち、慰謝料の算定基準
  • 交通事故、むち打ち、慰謝料増額の仕組み
  • 交通事故、むち打ち、休業損害
  • 交通事故、むち打ち、逸失利益

交通事故、むち打ち、行政書士、専門家

  • 交通事故における行政書士の役割
  • 交通事故、むち打ち、ご依頼費用
  • 交通事故、むち打ち、後遺障害、示談事例
  • 交通事故、むち打ち、お客様の声
スタッフ募集中
WEB関係が得意な方を
募集しています。

詳細を確認し、
まずはご連絡ください。


交通事故、むち打ち、この悩み電話したら楽になった!
交通事故、むち打ち、慰謝料の妥当性を実績10年の行政性書士が無料判断


  被害者請求の利点


・後遺症等級認定の流れ


交通事故に巻き込まれ、身体に何らかの後遺症を残してしまったのであれば、後遺症等級認定を申請しましょう。
後遺症があり、生活が困難であることが証明されれば、慰謝料の請求を行う事ができます。後遺症等級認定の申請の仕方について説明します。



交通事故

後遺症等級認定には、2種類の申請方法があります。


・事前認定


治療費の支払いを行っていた任意保険会社に、後遺障害の申請も一括でしてもらうことです。保険会社が必要書類を集めて申請してくれるので、被害者は何もする必要がありません。


・被害者請求


一方の被害者請求は、被害者が必要書類を全て集める必要があります。
医師に診断書を書いてもらい、レントゲン写真なども集めます。
印鑑証明や説明資料も必要になり、手間も時間もかかる方法です。


怪我の受信が6ヶ月経過した後、主治医に後遺症診断書を記入してもらいます。後遺症診断書は保険会社にある決まった用紙が必要です。診断書を記入してもらう際には、「どのような痛みがあるため、どのような事が困難である」など生活に支障をきたしている旨を記載してもらいましょう。


医師に記載してもらった診断書、受診直後のレントゲン写真、後遺症診断書を記載してもらった時に撮影された写真などをまとめて保険会社に送ります。およそ40日で後遺症等級認定が決定し、通知がきます。


・被害者請求の利点


被害者請求にはこのような手間が発生します。しかし、面倒だからといってすぐに事前認定を行うことはおすすめしません。事前認定は確かに楽ですが、自分が望んでいた通りの後遺症等級が受けられるとは限りません。


自分で書類を確認する事ができないので、低い等級しか申請できないような書類になっている可能性もあります。自分で書類の確認のできる被害者請求をおすすめします。また、自賠責基準と弁護士基準は異なります。


弁護士の裁判基準で申請すると、慰謝料や保険料が増額になる事があります。まずは当事務所の行政書士にご相談ください。




交通事故、むち打ち、後遺障害等級認定の可能性を無料判断。今すぐ等級認定に関する相談を無料で


    交通事故、むち打ち、慰謝料の妥当性を交通事故専門で実績10年の行政書士が無料判断


    保険担当者は教えてくれない交通事故、むち打ち被害者の慰謝料増額の仕組み

  • 適正な慰謝料を受け取るためには、後遺症認定が重要です。是非ご相談ください。交通事故110番
  • コラム更新中!Allabout
  • 交通事故トラブル、過失相談、後遺症、示談交渉、慰謝料請求など無料メール相談
  • yahoo知恵袋 yahoo知恵袋公認の交通事故専門家です!
  • 交通事故・事務所の日常などを随時更新中!スタッフブログ


メールによる交通事故、むち打ち相談実施中

次回11月5日(日)・午後2時~4時頃