むち打ち(頚椎捻挫・腰椎捻挫)ヘルニアの無料相談は、 交通事故専門尼崎市事務所(大阪市・神戸市)


むち打ちとは

  • むち打ち(むちうち)とは
  • むち打ちと低髄圧液症候群
  • むち打ちの神経学的所見
  • むち打ちの通院期間
  • むち打ちの受診時の注意事項

後遺障害、後遺症、むち打ち(むちうち)

  • むち打ちと後遺症
  • むち打ちの通院・後遺症診断書のポイント
  • 交通事故の後遺症(むち打ち)に関するよくあるQ&A

交通事故、むち打ち、損害賠償、示談金額

  • 交通事故、むち打ち、慰謝料の算定基準
  • 交通事故、むち打ち、慰謝料増額の仕組み
  • 交通事故、むち打ち、休業損害
  • 交通事故、むち打ち、逸失利益

交通事故、むち打ち、行政書士、専門家

  • 交通事故における行政書士の役割
  • 交通事故、むち打ち、ご依頼費用
  • 交通事故、むち打ち、後遺障害、示談事例
  • 交通事故、むち打ち、お客様の声
スタッフ募集中
WEB関係が得意な方を
募集しています。

詳細を確認し、
まずはご連絡ください。


交通事故、むち打ち、この悩み電話したら楽になった!
交通事故、むち打ち、慰謝料の妥当性を実績10年の行政性書士が無料判断


  後遺障害非該当の異議申し立てについて

後遺障害非該当

後遺障害非該当とは


後遺障害非該当という言葉を聞いたことはありますか。交通事故に遭った場合などに、深く関わってくる言葉の一つです。


思いがけない事故によって、体が傷ついてしまっても、治療を受ければ完治することがありますが、傷ついた部分や打ちどころの悪さによっては、重大な障害が残ってしまうこともあります。後遺症が残ってしまうと、その後の人生にも影響が出てしまいます。



後遺障害の等級認定


交通事故に遭い、後遺障害が残った場合は、慰謝料を受け取ることが出来ますが、症状によっては、受け取れない場合もあります。後遺障害の等級認定は、第1級から第14級まであります。
例えば12級13号は、局部に頑固な神経症状を残すもの、14級9号は、局部に神経症状を残すものなどが一般的認定基準です。もっとも軽い等級は第14級で、これに満たなかった場合に非該当とされてしまうのです。


理由としては医療従事者が診て、裏付けるような医学的所見に乏しいことや自覚症状を裏付ける客観的な所見に乏しいことなどが挙げられます。
本当に非該当かの判断は、本人では分かりづらいものです。


異議申立てについて


後遺障害非該当の認定に納得出来ない場合は、異議申立てをすることが出来ます。異議申立てによって、非該当から等級認定されるようになることもあれば、それでも納得の行く認定結果が得られないというケースがあることも事実です。


異議申立て手続によって等級認定を得るためには、まず収集した証拠から医学的な見解に基づいて方針を立て、狙いを絞ります。さらに新たな証拠を収集して、それを説明出来る文章とともに、異議を申し立てるのです。


当サイトでは、異議申し立てに関する相談を受け付けております。
事故後の症状や痛みが残っているのに非該当と認定された方、後遺症の補償に納得出来ない方、その他にも事故後の手続きや対応に悩んでいる方もたくさんいらっしゃると思います。


様々な不安や疑問点も含めて、専門家へ聞いてみませんか。
一人で悩まずに、当社へ相談してください。




交通事故、むち打ち、後遺障害等級認定の可能性を無料判断。今すぐ等級認定に関する相談を無料で


    交通事故、むち打ち、慰謝料の妥当性を交通事故専門で実績10年の行政書士が無料判断


    保険担当者は教えてくれない交通事故、むち打ち被害者の慰謝料増額の仕組み

  • 適正な慰謝料を受け取るためには、後遺症認定が重要です。是非ご相談ください。交通事故110番
  • コラム更新中!Allabout
  • 交通事故トラブル、過失相談、後遺症、示談交渉、慰謝料請求など無料メール相談
  • yahoo知恵袋 yahoo知恵袋公認の交通事故専門家です!
  • 交通事故・事務所の日常などを随時更新中!スタッフブログ


メールによる交通事故、むち打ち相談実施中

次回11月5日(日)・午後2時~4時頃